東京似合わせ研究会

東京似合わせ研究会

美に対して偏差値が求められる街、東京で奮闘する女子大生トリオによる美容研究ブログ。気になる話題はなんでも研究対象!

【実践レポート】私物のスレ・キズだらけの本革バッグをサフィールのクリームで補修してみた(写真付き)

こんにちは、ゆっこです。先日たまたま見つけたこちらの記事。

革のスレを自分で補修してみた - るくさんのページ

革にあったスレやキズをサフィールのカラー補修クリームで自分だけの力で補修してみたという内容です。私はいつもバッグやシューズの補修は専門店に任せていたので、こちらの記事を読んで自分でできることに衝撃を受け、私も試したくなったので、早速やってみました。結果をまず言うと大成功でした!専門店に出す1/5程度のお値段で期待以上の仕上がりになったのでコスパはこの上ないくらい最強です。

今回はそのレポです。補修前と後の画像もあるので、「自分で補修?なにそれ、気になる」という方は是非参考にしてみてくださいね。

⑴今回補修するバッグの紹介&補修前の状態

補修をしてみるにあたって、まず自分の家に何かないか考えを巡らせていたところ、以前母から譲り受けた約30年モノの古いレザーバッグがあることを思い出し、早速ひっぱり出してきました。

それがこちら。

f:id:niawase:20171201103816p:plain

キャメル色の牛革を使ったショルダーバッグです。長財布と500mlのペットボトルがちょうど入る良いサイズ感&ヴィンテージの可愛さでお気に入りでしたが、かなり経年由来のスレや色あせが見られるのでここ最近はタンスの中にしまっていました・・・。

実際に写真を撮ってみました。

 

f:id:niawase:20171201104132j:plain

 

本体だけでなく、持ち手の部分もこのハゲっぷり。

 

f:id:niawase:20171201103750j:plain

 

綺麗なキャメル色(だったであろう)革がこの有様。良く開け閉めするファスナー部分は特に色落ち?ハゲ?がすごかったです。

むしろこの状態のバッグで今まで良くお食事会とか行ってたな、と自分にも驚きました。

とこんなひどい状態のバッグを自分で補修するのはさすがに無理だろうと考え、「まぁ、少しでも見栄えが良くなって普段使いぐらいできたらいいな・・・。」と半ば諦めムードでサフィールクリームを購入。以下の楽天ショップで1300円程度で購入しました。

⑵プチプラでも高レビュー!補修クリームブランド「サフィール」とは?

と、ここでサフィールを知らない方もいると思うので、簡単に紹介します。

サフィールとは、なんとあのエルメスのケア用品をも手掛けているフランスの高級革ケアブランドです。そしてサフィールはカラー展開が驚きの47色展開ととても幅広いので、自分が補修したいアイテムに合った色を見つけられると高評価なんです。

 

f:id:niawase:20171201110510j:plain

引用元:メール便可 サフィール カラー補修クリーム(全47色)Saphir 補色 キズ補修

 

最初のステップであり、非常に大事な色選び。「なかなか合うカラーが分からないよ~!」という方も大丈夫。こちらのショップでは手持ちの補修をしたいアイテムの写真をメールで送ると、合うカラーを提案してくれる無料のサービスがついていて、私みたいな補修初心者にも非常に親切です。今回私は手持ちのバッグと上の画像の見本を何度も見比べましたがいまいちわからず、お店の人に質問して、「03 ライトブラウン」をチョイスしました。

返信もとても早かったので、分からなければどんどんメールで聞いてみましょう!

⑶いよいよ補修スタート!!

f:id:niawase:20171201105623j:plain

注文して数日後、サフィールのカラー補修クリームが届きました。ラベルの色がキャメルというよりは黄土色だったので、ちょっと心配でしたがここは自分(とお店の人)を信じて作業開始です。

以下は私が個人的に最小限の用意物で始めたので、あくまで参考程度にとどめてもらえると嬉しいです。

【用意するもの】

  1. サフィールのカラー補修クリーム:3番のライトブラウン
  2. やわらかい白い布:汚してもいい白い布なんて急に見つからない&わざわざ買うのももったいない気がしたので、私は家に合った不要な包帯を使いました。画像のチューブの下にチラッと見えるやつです。
  3. 革用の艶出しワックス:無くてもいいけれど、靴用に以前購入したものがあったので今回は仕上げに使いました。

実際の作業としては、ひたすらクリームを革に塗り込んでいきます。同封されているパンフレットにステップが細かく書かれているのでそれを見ながらでも良いですし、インターネットで調べるもよしです。

私がとったのは、革に直接クリームを練りだして、その上からひたすら布でゴシゴシ、すりすりするというズボラ感満載の方法ですが、なかなか良い感じに仕上がった気がします。

思った以上に簡単なので大丈夫です。

⑷補修後画像

今回使ったのは小さいバッグなので、およそ10分程度で補修が終わりました。クリームを全体に塗り込みましたが、すぐ乾燥するのでそんなにべた付かず、汚れは指だけにとどまりました。

そしてこちらが補修後の姿です!

 

 

 

↓↓

 

 

↓↓

 

 

 

f:id:niawase:20171201113141j:plain

 

お???

 

f:id:niawase:20171201113733j:plain

 

うおおお?????

 

なんかいい感じになっているのが、画像越しに伝わるでしょうか。。??

分かりづらいと思うので、比較がしやすいようにビフォーアフターも作ってみました。

f:id:niawase:20171201125538p:plain

ビフォーアフターひとつめ。

取っ手の色落ちが見事に補修されています。また補修前は細かい部分が白っぽくなっていましたが、補修後は綺麗なキャメル色が復元しました。

f:id:niawase:20171201125543p:plain

ビフォーアフターふたつめ。

補修前は色落ちやキズが目立っていたファスナー部分も、補修後は見事に元来の姿を取り戻しています。こんな色だったんだね・・・!と感動しました。

全体も載せておくとこんな感じ。

f:id:niawase:20171201125917j:plain

購入してから30年ということで、使用回数が積み重なってできたヘタリは若干ありますが、経年変化によるスレやキズは全然目立たなくなりました。

たった1300円の補修クリームでこんなに綺麗になるなんて思ってもみなかったので、個人的には非常に満足です。

さらに一切ケチることなくバッグ全体に使用したのに、量が全然減らないため(8割以上は残っている)次回以降や他のアイテムにも使えます。驚異のコスパ

すごいぞ、サフィール

 

今回使用したサフィールカラー補修クリームはこちらで購入できます。

 ⑸いかがでしたか?

私のように、「お気に入りだったけど、スレやキズが目立つから最近は使っていない...」なんてバッグはあったら、クローゼットにしまい込む前に是非サフィールの補修クリームを試していただきたいです。

お気に入りのアイテムはお直しして永く使う。そんな「モノを大切にする女性」を目指しませんか?